浮気調査

浮気調査を友達に協力してもらうのはアリ?

配偶者の浮気調査をする場合、
調査会社に頼む費用を節約するために、
自力で調査する人も多いようです。

 

そのとき、人出を増やすために
友達に協力してもらう人などもいるようです。

 

このような形で浮気調査をするのは効果があるのでしょうか。

 

一般的には、自力で調査をすることや、
調査を友人に手伝ってもらうのは得策ではないと言われています。

 

調査のための人出が増えるとはいえ、
どちらも浮気調査の素人であることには変わりません。

 

そのため、尾行をする時や証拠を抑えるために撮影をするとき、
配偶者に気づかれてしまう可能性がかなり高く、
浮気調査に失敗してしまうことになりやすいです。

 

せっかく浮気調査の成功率を高めるために人数を増やしたのに、
調査をしているのがバレやすくなるだけ、
といった全く逆の結果を導いてしまう可能性があるのです。

 

浮気調査を確実に成功させたいときは、
目先の費用を節約しようとして自分の力や友人の力を利用して
浮気調査をするのではなく、プロの調査力を利用し、
確実に浮気の証拠を抑えるようにしましょう。

 

そうしたほうが望ましい結果を得ることができるでしょう。