離婚

配偶者が離婚に応じてくれない場合の対処法

夫婦関係が悪くなったり、
配偶者との夫婦関係を続けていくのが辛い・・・

 

と感じて離婚を決意したものの、
配偶者が離婚に応じてくれない場合、
どのような方法で対処するのが良いのでしょうか。

 

まずは離婚調停があります。

 

裁判所などで、中立の立場の調停人がお互いの間に入り、
お互いの言い分を聞いて離婚が成立するように促すものです。

 

調停でお互いが離婚に同意すれば、
それによって離婚まで進むことができます。

 

配偶者が調停でも同意しなかったり、
調停の場に出てくれないといった場合には、離婚裁判を行うことになります。

 

裁判所で離婚を望むようになった経緯など、
なぜ離婚する必要があるのかといった理由を述べ、
裁判によって夫婦関係を強制的に解消してもらう方法です。

 

調停は早ければ数日、長くても1ヶ月程度で終わります。

 

一方、裁判によって離婚しようとする場合、
離婚を決意してから数カ月から数年経ってからやっと離婚が成立した、
ということになるようです。

 

また、離婚したい理由によっては
裁判所が離婚を認めてくれない場合もあると言われているため、
その点には注意が必要です。

 

自分にとってどちらが良いのかについては、自分でもなかなかわからないことと思いますので、
探偵などに電話で不倫無料相談をするのが良いでしょう。